関西弁 – 19「ほかす、ほる」

「ほかす(hokasu)、ほる(horu)」

「捨てる、投げる」の関西弁です。
この言葉は、勘違いが起きやすい言葉ですね。
標準語の「捨てておいて〜。」は、関西弁で「ほっといて〜」です。
この「ほっといて」は標準語では、
「そのままにしておいてください」の意味になります。
では、関西人が別の地方の人に「ほっといてー」とお願いすると、
その人は、捨てずにそのままにしておくわけです。
気をつけないといけない言葉ですね!
関西人にそう言われた時は前後の文脈からきちんと判断しましょう!
「もうそれいらんから、ほっといて〜」
(もうそれは必要ないから、捨てておいてください)