關西腔 – 19「ほかす、ほる」

「ほかす(hokasu)、ほる(horu)」

這是關西腔中「丟棄、投擲」的意思,
非常容易造成誤解。
標準語裡的「捨てておいて〜」(幫我丟了)
在關西腔裡是說「ほっといて〜」
在關東人聽來是「不要理它,就放著就好」。
所以要是關西人跟外地人說「ほっといてー」
那麼那個人就什麼也不會動啦⋯⋯
所以大家聽到這句話的時候要特別注意噢!
要靠前後文判斷到底是要丟還是不丟。
例句:

「もうそれいらんから、ほっといて〜」
(もうそれは必要ないから、捨てておいてください)
(那個已經不要了,幫我丟了)

 

「ほかす(hokasu)、ほる(horu)」

「捨てる、投げる」の関西弁です。
この言葉は、勘違いが起きやすい言葉ですね。
標準語の「捨てておいて〜。」は、関西弁で「ほっといて〜」です。
この「ほっといて」は標準語では、
「そのままにしておいてください」の意味になります。
では、関西人が別の地方の人に「ほっといてー」とお願いすると、
その人は、捨てずにそのままにしておくわけです。
気をつけないといけない言葉ですね!
関西人にそう言われた時は前後の文脈からきちんと判断しましょう!
「もうそれいらんから、ほっといて〜」
(もうそれは必要ないから、捨てておいてください)